経営者のマインドをどう変えるか?

経営コンサルティングで難しいのは、経営者のマインドを変えることです。

結局は、人対人の世界ですから、コンサルタントがどんなに正しいことを言っても、それが伝わらなければ意味がない。

一番よいのは、「成果が上がった」という実績を見せてあげること。

そして、人間同士の信頼関係を作ること。

それができれば、経営コンサルティングなんて、こんなに簡単なものはありません。

しかし、人間関係が一番難しい。

だから、経営コンサルタントには、「コンサルティング能力」のほかにも、卓越したヒューマンスキルが求められる。

ちょっと変な例え話となりますが、吉原ソープランドの風俗嬢と経営者の関係も、似たようなところがあるでしょう。

免震偽装調査

昨夜NHKのニュースを見ていたら、ある企業が免震ゴムの性能を偽装していたそうですね。

といっても組織ぐるみの活動ではなく、ある担当者の仕業だったらしい。。。

どういうことなんでしょうか?

組織の中に圧力があったのかな? たとえば、経営陣から「はやく、性能テストをクリアした製品を出せ」とか?

だとすると、担当者1人のせいにするのはおかしい。もちろん、一番悪いのは担当者なのでしょうが。

 

そういった不正を生み出さない組織づくりが望まれますね。。。。